2008年10月20日

『から騒ぎ』

「蜷川幸雄監修でシェイクスピア全作品上演計画を敢行中!」という彩の国シェイクスピアシリーズ第20弾
シェイクスピアの舞台を観るのは初めてです。

オールメールと聞いて一体どんなことに? と思ってたんですが、ビアトリスとヒアローのきれいなことったら!
ビアトリス、キュート!
ベネディックと言い合うときの強気、テンポの良さ、生き生きしてて罵詈雑言だけど品がある。
ドレスの裾を軽く持ち上げて軽やかに動くのが可愛い。
素直になれないツンデレぶりに嫌味がなくて実にチャーミングでした。
ヒアローは優雅。
ほっそくて可憐で、身体の線がきれいに出るシンプルなドレスが凄く似合ってた。
そのくせビアトリスに聞かせるための言葉は辛辣でさばさばしていて、若い娘さんだけど酸いも甘いもかみ分けたかのような口調が賢そう。
カーテンコールのときに、他の女役の方々は普通にお辞儀してるんだけど、彼女だけドレスを持ち上げて身体を落とす挨拶の仕方で(なんて言えばいいんだろう)この人は本当に女なんだ… と感嘆しました。
でも笑顔でぺこっとお辞儀するビアトリスも可愛かったので、ヒロイン二人の性格が出てて良かった。

主役のベネディックを演じた小出恵介さんは初舞台だそうで、でも堂々とした演じっぷりでした。
コミカルで熱くて強気で弱気でチャーミングな主人公。
罠にかかるシーンの「?」という表情が良かった(笑)。
こういうお芝居だからか台詞が早口でしたがよく耳に入ってきたし、声も口調もいいなと思いました。
身のこなしもきれいだった。

脇を固めるドン・ペドロ、レオナート、アントーニオ、おじさまたちがみんな素敵でした。
お話は、まあシェイクスピアの時代で喜劇だからね、と飲み込むしかないのですが
お詫びに別の娘を嫁にもらいます、っていう男でいいのかヒアロー。
クローディオは気の毒な役ですね。

二階席上手側で観ていたので舞台上がよく見えて楽しかった。
ダンスのシーンとか、たくさん人が出てくると、それぞれがそれぞれに細かく演じてるから、それを全部見たい気がしました。
それだけたくさんの演じてる人の気合いが放たれてる気がするので、それをできるだけ受け止めたいみたいな気持ちになります。
観に行って良かった。
またこういうの観たいな。
posted by かなつ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(1) | ステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

小出恵介 舞台関連 最新トピック
Excerpt: Image02 昨日のおにぎ。 テーマを聞いたら「コスモス」と言うことで ......
Weblog: 小出恵介 画像動画情報ブログ
Tracked: 2008-10-21 00:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。